読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識過剰だと思っても、気にしたいこと

品がないよなあ__と

まったく無いわけではないけれど、とっても少ない

最近、特に感じる機会が多く

つまるところ、「下品な大人」だ

 

そんなことを人に言ったことはないけれど

見ているまわりにはバレバレだろう

 

なんだか色々悲しい、とっても

 

自分の友人は

肯定も否定もせず長年つきあってくれているが

 

悲しんでても仕方ないし、なにより迷惑なことなので

まだ知らないであろうマナーを学び、守り、

なにより心遣い気づかいを思いやりを大切に

日々暮らしていこうっと

 

思考をニュートラルにしたい

ああ、反射的に考えてしまう癖がある

これはしんどいなぁって

今さらそんなことに気づく

 

マインドフルネスが流行ってかじってみたり

呼吸法などを取り入れてみるも、効果なし

 

一冊の小説を読んだことで

冒頭の考えにやっと自分の頭が納得して

ストンと思い至れた

 

今までもいろんなジャンルのものや小説を読んできて

人間の多様な考え方、反応の仕方を知る大切な機会だったけれど

今回ほど腑に落ちたことはなかった

 

 つまらないことを考えるから

つまらない人間になっていく

 

たまたま自分にはこの本に縁があって、そう思えた

それともタイミング?ま、どっちでもいっか

 半分過ぎたけど、楽しい一日にしよっと

 

コンビニ人間」村田 沙耶香 著

 

白黒つけない

ゼロか100、白か黒、

ばっさり考えて、ばっさり決めつける単純思考

 

そんな自分に幼いころから

世の中の出来事はほとんどがグレー、

そういうことの方が多いんだよって

親や大切な人から、聞いていた

 

グレー?

どうやったらそういう落としどころに持っていける?

そう考えられるならそうしたいのに

でもできなくて、余計にしんどい

 

グレーのままに考えられるようになって、ちょっとだけわかったこと

白黒はっきりつけたがっていただけ、自分が楽になりたいだけだった

自分の正義というおかしな価値観で世の中の出来事を片づける

上から目線で誰にも優しくない思考だった

 

グレーもしんどい、だけど圧倒的に全てに優しい

椎名林檎さんの歌詞にもある「♪グレーを手にした 僕らは 自由~」

ほんと、そうだ

白黒はとても不自由だった

 

若くしてそんな人もいるけど

自分は色々経験しないと体得できなかった

 

あちこちガタもくるし、できないことが増えていくけど

やっぱり年をとるのって素敵

 

ちょうどのタイミングで知りたい答えがあらわれる

もうどうにもならないくらいのピンチ、

これどうなのか?

わからないよーって抜け出せない時

 

そういうときに、滅多に連絡をくれない友人から電話が入って

そのことについて話してなくても

ヒントになる言葉をもらえたり

偶然見た本やドラマのセリフから、解決に導かれる言葉を得たり

不思議といつも助けてもらってる

 

本当にありがたいこと

 

自分は助けてもらってばかりだ

できることならそんな感じで思いがけないまま

些細なことでも、誰かの助けになってたらいいな

 

子ども時代のワクワク感

近所の本屋にて

発売週明けの火曜に残っていた少女漫画雑誌、

付録がすごい、なんとロボット型掃除機!

 

卓上サイズだけど、しっかりした作りで

ちいさい「〇ンバ」みたい

 

しっかり吸引してくれるし

机の端も認識して、きちんとUターンして落っこちない

ガーガーと大きいノイズ音をたてるとこは

おもちゃだけど、とっても優秀

 

 

嬉しさ余って、廊下や床などあっちこっち走ってもらった

 

ロボット製品のメリットは

自動でしてくれる間に他の用事ができる事なのに

な~んにもしないで

面白いから一緒についてまわって眺めてた

 

折々に色んな新しいことに挑戦をするけれど

向かう気持ちは、生活の為とか必用だから学ぶとかなんか”義務”っぽく思って、

いつのまにか純粋に”楽しむ”のを忘れきっていた

 

年をとるのは素敵!って思う時もあれば

こんな時は、いやいや~垢まみれじゃないかってがっかり__

 

些細だけどわくわくする、こんな感じ

心掛けていられますように

 

口がきもちいい

痛くない程度、ストレッチをすると

カラダが気持ちいい

 

で、口なんだけど

「にゃに~~~~~っ」って、ちょっと強めの口調で言ってみる

(声は大きくなくてもOK

 すごく気持ちいい

 

にゃあにぃぃぃぃ~~~」

お~、なんか唇まで気持ちいいぞ~

 

だから言いまくる

意味もなく連呼(家の中で)

 

深刻な悩み事や、考えなければならない義務的なことも

ばかばかしく思えてきちゃう

 

にゃあにぃぃぃぃ~~~

あー、外で嫌なこととかあった時に

これをその場で言えたらいいのにな

 

もーなんか色んな事がどーでもよく思えて

腹立てるのもばかばかしくなれちゃう

 

猫っていいな

こんな気持ちいいこと

してんだ

 

 

「本番」なんてこなかった、「今」やってみなきゃ

こころ

 若い頃に一度、大きく断捨離をしたときに

幼いころに読んでいた

小学生向け漫画雑誌の付録シールがたくさん出てきた

 

十何年も経つので粘着力はすっかりなくなり、全体が黄ばんでいて

でも全部が未使用のまま、キレイにしまってあって

 

「これはとってもお洒落でキレイ、だから本番に使おう」と

当時せっせとしまっていた記憶がよみがえる

 

バカだよなあ、自分

本番なんて言って結局、全部使わないままだったし!

 

って反省したはずなのに、

それから何十年も経ったいまも、

「ちゃんとできるようになってから!」って

来るはずのない本番をまた自分で作り出してた

 

今年こそ今度こそ、 あっ、でもあれガ~~これガ~~

準備不足だ、もうちょっと上手になってから~~

 

おいおい自分、もう人生折り返しちゃってるよ

はじめてしまうことが本番なのに

 

自分を慰めるために

性格なんだよね~、で片づけたくない

なんにもやり遂げないままだよ、人生が終わってしまう

 

若いとき、時間がいくらでもあるって思いこんでいた

もういつ死んでもおかしくないよなあって思ういまさらに

行動力がでてきた 遅っ(*_*)

 

ちゃんとしてとか、良く見られたいとか小賢しい自分はいらない

準備ができてなくても、それが自分なのだから

そのままGOです

 

そんなんじゃ人に迷惑かけるから嫌だなとか反射的に考える癖

いえいえ、きっと誰かに迷惑をかけてるし、好かれるし、嫌われるし、

もう十分にそんなの知ってる

 

若い時から本番として生きている人たち

そんな人や色んな人から色んなことを教わりながら

 

やりたかったこと、好きなこと

まずやってしまって

準備不足は同時進行で勉強しておぎなっていけばいいやと思います