読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一緒に見えるけど、違うんだよね

お好み焼きを鉄板で自分で焼くスタイルの店では

通称テコとかヘラとかコテとか、地域によっていろんな呼び名のある

焼くための専用道具が用意される

 

あれの小さめのものが、一人にひとつづつお皿とともに

席に配膳されるけども

自分はあれでうまく食べることができない

 

口内へきちんと送り込めず、口の両端からボロボロとこぼれ落ちてしまう

口に含もうとした時の歯にカチッとくる金属感も嫌

 

誤ってヘラにほんの少し取り残してしまったりしたら

すごく取りにくいし、唇を尖らせて取らなきゃいけない

面白い顔が、さらに河童のようになるなんて

 

何を好んで金属の塊にかぶりつかねばいけないのか

 

自分以外の家族はいつも美味しそうに嬉しそうに

金属の塊を使って食べ続ける

なので小学生のころから、私だけずっと箸派だ

 

先日また、実家の家族と食べる機会があった

 

付き合っているときには気づかなかったのだけど

自分の連れ合いはヘラを置きっぱなしにして箸で食べていた

 

それに気づいた家族が「猫舌?」って聞いていた

 

そっか、あれを使えないと猫舌と思っていたのか

うちの家族は

確かに連れ合いは猫舌

 

似たもの夫婦とよく言うけれど

自分は猫舌ではないけれど

連れ合いの存在がちょっと嬉しかった