読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝えるもチグハグ

登場人物はふたり、なにげない会話

 

一番最初の事象について

まったく違う解釈をお互いがしてしまい

それが修正されないまま、会話だけがどんどん進むので

お互いの勘違いの溝が深まって際立っていく

芸人のアンジャッシュの鉄板ネタ

 

大好きなネタなんだけど

先日、きょうだい間で

とある依頼をするためにメールでやりとりをはじめた

 

途中、「勘違い?」なキーワードが文面にでてきた

 

「これこれはかくかくしかじかということで。通じ合ってる?」と

確認をしあって、修正できたと思ってた

なのに、その後もかみ合わない「??」な感じ

 

「〇〇〇へ聞いてみるね~」との返事に

もしも勘違い情報で第三者への問い合わせをさせてしまっては

話がこんがらがる!と電話するも

時間がないとのこと

 

極力短いコトバをえらんで伝え、

相手も短い言葉で応えた、、、ゆえ、さらなるドツボの結果

 

現実に起こってしまうととんでもないことになる

その後、時間をしっかりとって電話で話し合えて修正にもっていけた

 身内だからの甘えや許しが交錯したのだと思う

 

電話で手間も取りたくないし取らせたくないからと

メールで始めたし、文章も良くなかったのかと思って反省してたら

 

「今時、メールなんて使うの、連れ合いときょうだいだけだよ

あとはみ~んなラインだよ」って言われた

 

そっか、いや今回そういう問題じゃないと思うんだけど

あれ、またすれ違ってきてる?